CAT>CAT>CAT~れおあんどそら~

れお君★空丸君のお話♪デス 2ニャンズはとっても仲良し。。。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空丸の変化

  1. 2012/07/31(火) 20:51:04|
  2. 大好きな空くん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
空丸は2006年、我が家の子になりました。
思えばコニャン時代かられおにかまいっきりで寂しかったのかもしれません。

子供が生まれてからはほとんど顔を見れないレア猫になってました。。。

れお君がいなくなった後、姿を見せることが多くなりました。


れお君はママの胸に乗ったりくっついたりとべったりな子でしたが、空君はまったく逆で。。。。


今でも胸に自分から乗ることは皆無で。。。

でも今日私が乗せたら、モミモミの手を初めてしました。

すっごく小さくですが、確かに。。のども鳴らしてました。。。


今まで構える時間がなかった空君。。。ごめんね。


れお君の分までいっぱい可愛がるからね。。。

きっときっとそれを見てれお君も笑ってくれてると思うから。。。


今日で七月は終わり。。。。

早いね。。。。。

DSC02779.jpg
スポンサーサイト

空丸君

  1. 2012/07/30(月) 19:03:12|
  2. 大好きな空くん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
れおを呼んで毎日鳴いていた空君ですが、最近鳴かなくなりました。。。でもでも元気がありません。。

コニャン時代からずっと一緒だったもんね。。。
寂しいよね。

人間よりもれおが大好きだったから。

全身ナメナメ押さえつけてでもナメナメのれお君だったねぇ。

今でも覚えてるよ。

でもそんなれお君はご飯を取られても、寝床を取られても譲ってあげるいいおにいちゃんだったよね。

最近は一緒にいることが少なかったようだったけど、心が通じ合っていたからどこにいても大丈夫だったね。


寂しいね。空。

逢いたいって思いがあればあるほど、もうかなわない現実に引き戻され。。。。

きっと空が言葉が話せたら、お兄ちゃんはどこにいったの?寂しいよっていうんだろうな。


でもね。れお君との思い出はたくさん。たくさんの愛をくれたれおに感謝の気持ちを持って私たちは生きていかなきゃね。
もっともっと私たちといたかったれお君の分まで。NEC_0013.jpg

週末

  1. 2012/07/29(日) 16:21:36|
  2. れおママのお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
れおちゃんが旅立った後。。。泣いてばかりでしたが、子供の面倒や家事など休んでいる暇がありませんでした。

れおちゃんの事を考えて、思い出して泣くけど、その時間は限られてました。逆に忙しくしているほうが良かったのかもしれません。

元気だった頃、パパのお休みには、家族でお出かけする時間が多かった我が家ですが、あれから出かけることがなくなりました。

もっとお休みの日も一緒にいればよかったな(涙)と今後悔です。。。

いろんなことを思い出し、いろんなことを考え、後悔の毎日です。

もうすぐ2週間。。。。まだ2週間なのか、もう2週間なのか

早いのか、遅いのか、もうわからない。


現実はれおがお空に行ってしまった事。。。。。




お葬式

  1. 2012/07/27(金) 20:44:10|
  2. 愛するれおちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
れおを病院から引き取ってきて、おうちの一番エアコンがあたる場所に寝かせました。

初めて見送る子です。

呆然としながらも花を買ってこようと思いました。

以前お邪魔させてもらっていたブログで箱に入っていた猫ちゃん。。
綺麗なお花に囲まれて送ってもらっていたのを思い出しました。

綺麗にして送ってあげたそう思って、ちょっと待っててねと声をかけ子供と買いに行きました。


その夜、れおの横に寝ました。。
何度も箱をあけてみますがやはりれおちゃんは横になったまま。。。

何度も何度もれおの顔を見る。涙が止まらない。

次の日はお葬式の予約をしてました。


行ったのは東京都府中市の慈恵院です。

我が家からは車で2時間以上かかりましたが、れおと一緒に同じ空間でいれるのが嬉しかった。

いつも言うこと聞かない息子はれおの箱に寄り添っていました。


病院で入れてもらった箱があったのですが、慈恵院で可愛いかごが売っていました。
真っ白な綺麗なお布団もありましたのでこちらを購入しました。

箱からかごに泣きながら移しました。

今見ている光景がなんなのか、夢であって欲しいと思いながら。。。。

抱っこしておろそうとしたら爪が引っかかりました。

泣きました。


そうだよね。

れおはままの手を離れてからたった一人で天国に行っちゃったんだもんね。
出来ることなら私の腕の中で名前を呼びながら送ってあげたかった。

寂しかったんだね。

もっと抱っこして欲しいんだよね。

そう思って、もう一度抱っこしました。いつまでもこの時間が続けばいいと思いました。

れおは抱っこが大好きな子でした。


それから名前が呼ばれ、場所に行くとお坊さんがいました。

着いて最後のお別れ。。。あきらめたつもりでしたが号泣。。

これでお別れですといわれてれおは運ばれました。


最後にもう一度手を触りました。

さようなら。。。

もうこのやわらかい手ってを触れないという現実として受け入れなければいけないけど、いやだいやだと自分の中で葛藤しました。。。


火葬は、痩せていたからなのか待っている時間は短かった気がします。

そしてお骨になったれおと対面。。。

綺麗に残っていました。


これが区切りなんだなと思いました。

現実を受け止め、乗り越えていかなくてはいけない。。。高い高い壁。。。


亡くなって一週間が本当に本当につらかった。

先週の今頃はと毎日毎日思ってましたから。起き上がるのもきつかった。


今日で10日、涙がかれる日は来るのだろうか。。。と思います。このブログ書いていても涙が出ます。
でも書きたい。れおちゃんの生きた証。
楽しかったこと、たくさんのありがとうと思い出と。


れおはいなくなったのに変わらず朝が来て、生活は続いていく、あんなに小さい体でどれだけ大きな存在だったと今思い知らされます。DSC02768.jpg

れお、大好きなちゅーちゅー毛布持って行ったね、そちらでもちゅーちゅーしていますか?

ママも持ってるからたまには遊びきてね。


さようなら。。

  1. 2012/07/26(木) 23:52:20|
  2. 愛するれおちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
自分のブログなのに久々来た。
れおがいて、空丸が家族に加わり、そして子供が産まれた。
なかなか更新できず放置状態。。。。

でも、このブログだけは、これから少しずつだけど更新していきたいと思って、また書いてみました。

暑い日でした。。。
7月17日、9時45分ごろ、、私の愛するれおちゃんは、お空に行ってしまいました。
熱中症が原因だそうです。体力がなかったのかな。。。


その日は朝起きて、なんか様子がおかしい感じ。。。トイレも粗相していたし。。普段ないからあれって思って。

今年になってれおは病院にお世話になることが多かった。

おしっこが出なくなってカテーテルで出してもらったり、甲状腺の病気、腎臓と病気を抱えていたが、前の夜まで流し台にあがる元気があり、頑張って上ってるのを見て、主人と、笑ってなごやかな感じでした。

食欲は甲状腺の病気のせいかいつもいつもおなかが空いてる感じで、人間の食べるものを狙ってました。
亡くなる前の晩はとうもろこしを狙ってましたね。。。

朝、はぁはぁしていたので、以前なった熱中症になってしまったのかな、病院は9時から、その時点で7時半、子供を幼稚園に出してすぐ向かえばアサイチで見てもらえると思って準備してました。

その間トイレに何回も行く、出ないで戻ってくる、聞いたことがない声で鳴くと私はとても不安でした。
でも病院に行けば大丈夫と思ってました。。

そんな日に限って幼稚園のバスが遅く感じて。。

そして混んでました。祭日の次の日だから混んでいたんですねきっと。


名前が呼ばれ、先生がどうしたの?とちょっとあわてた様子。

実はその10日前くらいにも病院に行っていて、そのときにこの子何歳だっけ?こういう年になったらいろいろ病気も出てくるからよく見てあげてねといわれてました。
私は、そのときなんてこという医者なんだ!!とむっとしてしまったのですが、今思えば、2キロをきる体重になりそんなれおを見て長くないと思ったのだろうか。。


診察室に入り、説明すると危ない状態といきなり言われ、えっ?だってと泣いた記憶があります。

なにかあったら電話します。
なかったら17時以降迎えに来てと。


家に帰り、パソコンでいろいろ検索していたらだんなから電話で、説明。。

また携帯がなりました。

それは動物病院からでした。。


れおは天国に行ってしまいました。

わずか1時間まえに預けたれおは、私に抱かれることなく、たった一匹で天国に行ってしまいました。

すぐ迎えにいきますと子供を幼稚園から引きとり病院に。。。

わが子も泣いていました。

空丸は子供が苦手でれおがずっとお世話してくれたから大好きだったんです。


もちろん家族みんな大好きでした。


れおが来ていろんなことがありました。12年10ヶ月誰よりも一緒にいてくれていつも私のそばにいてくれて。
毎日泣いてます。こんなにも悲しいことがあるのかと。
立ち直れるかわかりません。

4歳の子供が私を慰めてくれます。

ありがとう。

でもれおに逢いたい。DSC02541.jpg
NEC_1068.jpg
DSC02605.jpg

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。